ネイティブ講師と非ネイティブ講師の違いとは?

英語や英会話を習う際に気になるのが、ネイティブ講師か非ネイティブ講師なのか?
よく、スクールの宣伝文句などでも、

ネイティブ講師が教えます

的に強調しています。
そこまで強調するということは、それだけの違いがあるということ…?

オンライン英会話のなかには、受講者側が講師を選択するところもありますから、そんな場合は特にネイティブかそうでなないのかが気になるところ。
講師のレベルや授業の内容によっても異なるものの、値段も違ってきます。
なにせ、2倍以上の差がところもあるのですから、ネイティブかそうでないのかでどんな差があるのかと首をかしげてしまいます。

値段が高いという事はそれだけの良さがあるから、やっぱりネイティブを選ぶべきなのでしょうか?
ネイティブか非ネイティブか…その違いを知ってから選んだ方がいいようです。

ちなみに、ネイティブ(ネイティブスピーカー)は、生まれたときからその言語の環境で育った人。
非ネイティブは、幼少期に英語を学んで身につけた人…というのが定義となっているようです。



 

まずは、ネイティブ講師で言われているメリット&デメリットについて。

真っ先に挙げられるメリットとしては、英語の発音
日本語と同じように英語でも地域による訛りがありますが、日本ほどではなくあまり変わらないレベル。
基本的に、ネイティブであれば出身地による差はないといえるそうです。

また、ネイティブでは「リンキング」といった単語と単語を繋げて発音する独特の話し方を使う事が多く、これは非ネイティブ講師ではあまりみられないものなんだそうです。
リンキングを知っているか知らないかで、その国に行った際のコミュニケーションにも影響を与えるというのですから、無視できないものですね。

しかも、ネイティブ講師のレッスンでは、本場の英語だけでなく文化も知ることができます。
英語だけでなく、その国の情報も得られるのは一石二鳥です。

 

でも…

値段が高いのが玉にキズ。
基本的に、ネイティブ講師はアメリカやイギリスなど、高賃金の国の出身者。
逆にネイティブ講師は賃金が安い国なので、授業料金に違いが…。
もともと非ネイティブよりも講師数が少ないことも、価格を上げることになってしまっているようです。

さらに、母国語だからこそ、相手が何がわからないのかを感じ取ることができず、ちょっと難しめのレッスンになってしまう事もあるのだとか。
自分が教わってきたものではなく自然に身についてものなので、教え方の下手・うまいは分かれるところのようです。
教え方の上手なネイティブ講師に当たるためにも、講師歴はもちろん口コミなどは必ずチェックしたほうがよさそうですね!



次に、非ネイティブ講師のメリット&デメリット。

非ネイティブ講師のメリットといえば、やはり価格が安めなこと。
インドネシアやフィリピンといった東南アジア出身者が多く、雇いやすい事からも、ネイティブ講師よりも安価でレッスン価格を設定することができます。

また、非ネイティブ講師の数はネイティブ講師よりも圧倒的に多いので、予約もしやすくスケジュール調整がしやすい!
忙しい人ほど、非ネイティブ講師の方がレッスンは続けやすいかもしれないですね。

 

ただ…

逆にデメリットとしては、発音の違いです。
発音矯正も考えて講師を選ぶのであれば、ネイティブ講師の方がおすすめ。
しかも、言い回しなども古かったりして、最新の英語を学ぶには不安な面が多いのです。

 

ネイティブと非ネイティブ講師。
どちらにもメリット・デメリットがあるので、どういった英語を身につけたいのか、何を目的にしているのかで選ぶといいですね。

 

こちらもおすすめ
ブログランキング・にほんブログ村へ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です