江戸名所絵図に名を連ねる洲乾弁天「羽衣町厳島神社」

鎌倉街道沿いの羽衣町2丁目。
周囲を高いビルやマンションで囲まれた場所に、ぽっかりと開いた空間。
そこにある羽衣町厳島神社

総本社は広島県の宮島にある厳島神社で、源頼朝由来の神社でもあります。

現在の境内は500坪ほどですが、以前は900坪と倍近くの広さあったそうです。
鳥居も四の鳥居まであり、現在の馬車道にある神奈川県立歴史博物館あたりに一の鳥居があったとか。

戦災で社殿が焼け、戦後は接収(権力機関が、個人の所有物を強制的に取り上げること)となり、昭和31年に接収が解除されて今の広さになったそうなのです。

“江戸名所絵図に名を連ねる洲乾弁天「羽衣町厳島神社」” の続きを読む

“はまのお諏訪さん”として親しまれている「石川町諏訪神社」

横浜の石川町にある、石川町諏訪神社に参拝してきました。

JR根岸線「石川町」駅かあら、商店街を通って10~15分ほどのところにありました。

ちなみに、商店街は「ひらがな商店街」。
かわいらしい名前です。

石川町にある諏訪神社は、文明13年(室町時代から戦国時代にかけて)に創立された昔からある神社。
災害で社殿が焼失してしまいますが、昭和38年8月に新社殿が再建され、「はまのお諏訪さん」として親しまれています。

御祭神は、大国主神の第二の息子である建御名方命(たけみなかたのみこと)。
軍神として有名な神様ですが、農耕神・狩猟神としても信仰されています。
総本社は長野県の諏訪湖近くにある諏訪大社です。

““はまのお諏訪さん”として親しまれている「石川町諏訪神社」” の続きを読む

勝運・開運の神様「世田谷八幡宮(宮の坂八幡様)」

世田谷区の東急電鉄世田谷線・宮の坂駅近くに鎮座する「世田谷八幡宮(宮の坂八幡様)」。

駅の北西側すぐで、徒歩1分ほどの距離。
線路を挟んで反対側に、井伊家の菩提寺&招き猫発祥の地「豪徳寺」があります。
近いので、是非一緒に寄りたい神社です。

勝運・開運の神様として、八幡神と同一である應神天皇(おうじんてんのう)、その父であり日本武尊命の子である仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)、応神天皇の母であり仲哀天皇の皇后である神功皇后(じんぐうこうごう)が祀られています。

八幡神をお祀りする神社ですので、総本社は大分県の宇佐市にある宇佐神宮となります。

“勝運・開運の神様「世田谷八幡宮(宮の坂八幡様)」” の続きを読む

井伊家の菩提寺&招き猫発祥の地「豪徳寺」

電車に乗って、世田谷にある豪徳寺に行ってきました。

こちらは、招き猫の発祥の地とも呼ばれており、境内にはたくさんの招き猫が所狭しと置かれている事で有名です。
インスタ映え必須。

さらに、あの「安政の大獄」「桜田門外の変」で暗殺された井伊直弼のお墓(東京都史跡)があります。
豪徳寺は、井伊家に関係したお寺さんなんですね。

元は臨済宗の寺院だったそうですが、今は曹洞宗。
寛永10年(1633年)に)彦根藩主井伊直孝が井伊氏の菩提寺として伽藍を創建。
寺号は、直孝の戒名である「久昌院殿豪徳天英居士」からつけられました。

大河ドラマ「西郷さん」と歴史映画「桜田門外ノ変」で得た知識を活かして見学です。

“井伊家の菩提寺&招き猫発祥の地「豪徳寺」” の続きを読む

2019年中学受験必須!時事問題対策用書籍でニュースに強くなる

ここ最近、1年のニュースをまとめた社会・理科の時事問題対策用書籍が立て続けに発売されています。

受験も近づいてきたことからも、時事問題対策として各社がここぞとばかりにニュースをまとめていて、とても分かりやすい一冊。
受験じゃなくても、世の中の動きを知るのに最適。
家族で読むのに最適です。

各塾でも、時事問題の問題集や参考書を刊行するぐらいですから受験にとってそれだけ重要であることがわかります。
受験生にとっては必読の本です。

また、これは6年生以外の学年にも言える事。
なぜなら、時事問題は必ずしもその年に起こったことだけが出題されるわけではないからです。

国際問題などは長引くことも多く、各国が何度も話し合い解決していきます。
その過程で出題、あるいは過去にさかのぼって問われることもあるのですから、できれば早いうちからニュースには親しむ意味でも目を通しておいた方がいいでしょう。

“2019年中学受験必須!時事問題対策用書籍でニュースに強くなる” の続きを読む