今は大仙古墳、昔は仁徳陵古墳…現代の歴史未調査ゾーン

大阪府堺市にある「大仙古墳(大山古墳)」。
日本最大の古墳としてもお馴染みのこちら。
初の発掘調査が行われるということで、ここのところ、ニュースや朝日小学生新聞でも注目されています。

大仙古墳といえば、学生の頃に馴染み深い言葉。
当時は、仁徳陵古墳と呼ばれていなかったけ?

大仙古墳は、明治時代に法律で仁徳天皇のお墓と指定されたのですが、それは学術的な裏付けがあったからでありません。
そうしたことからも、最近の教科書では仁徳陵古墳とは記載せず大仙古墳(大山古墳)と。

今回の調査で誰のお墓なのかわかれば、これは歴史的発見になるのですが…なぜにここまで調査が遅れていたのかが不思議です。

これまで、調査は一切ダメだったというのですから、ある意味すごいものです。

“今は大仙古墳、昔は仁徳陵古墳…現代の歴史未調査ゾーン” の続きを読む

買い物で社会勉強

まだまだ先だけど、うかうかしていられない英語。
なんと、都立高校入試で「話す」英語テストが取り入れられるようです。
2019年度以降に試行していくのだとか…

都教育委員会の検討委員会が、英語の話す能力を測るための独自テストをおこなうようにと、意見をまとめたそうです。

中学の英語では、読む・書く・聞く・話すの4技能の基礎を育む事が、国の学習指導要領に定めらています。

ところが、今の都立高校入試には「話す」能力についての試験はなし。
学校でその部分が受験に関係ないからと言っておろそかにされている部分があるのでは…みたいな事が指摘されているそうです。

“買い物で社会勉強” の続きを読む

あの人の名前が消える!?

ネットニュースを見ていたら、高校の教科書から吉田松陰や上杉謙信などの名だたる歴史人物の名前が消える…とありびっくり

消しちゃうぞ~と言われているのは高校の教科書。
大学入試で歴史の細かい用語が出されることからも、授業が暗記中心になってしまっているのはいかがなものか…と言う事からのようです。

高校と大学の教員が集まる「高大連携歴史教育研究会」が、歴史の流れを理解するのに必要な言葉を中心に選びつつ、実際の歴史上の役割や意味が大きくない人は削る…といった用語案を発表しています。

“あの人の名前が消える!?” の続きを読む

NHK「歴史秘話ヒストリア」

最近、親子ではまっている日本史。
もともとママは世界史大好き人間だったのですが、学業では日本史が先なのでまずはこっちを攻めないと…なんて考えていたら、いつの間にかはまってしまいました。
なので、最近は日本史関連の本やテレビ番組に目がありません。
ちなみに、小学生レベルのしか興味なし(当然か)。

で、昨日、とってもおもしろい番組を見つけました!
NHKの「歴史秘話ヒストリア」。
テーマに沿って、詳しくわかりやすく解説してくれています。
ストーリー仕立ててイラスト解説入りなので、無理なく話についていけるのがいい。

*NHK「歴史秘話ヒストリア」ホームページより

“NHK「歴史秘話ヒストリア」” の続きを読む