混雑!ゴールデンウィークの上野国立科学博物館に行ってきました

先日、上野公園にある国立科学博物館に行ってきました。

今回で3回目。
国立科学博物館はとっても広いので、1日で観て回ることは不可!

時間が経つにつれて、各所に設置されている椅子でぐったりと座り込んでいる保護者の姿が…。
かくいう、私もその一人です。

国立科学博物館は常設展と特別展・企画展とあり、特別展の入場料金で常設展を見ることもできます。
この日は「大哺乳類展2」がおこなわれており、ゴールデンウィークということもありかなりの混雑!
特別展に入るのに長蛇の列ができていました。

“混雑!ゴールデンウィークの上野国立科学博物館に行ってきました” の続きを読む

月の天体観測!平成最後の満月「ピンクムーン」

昨日は、平成最後の満月。

しかも、ピンクムーン
このピンクムーンというかわいらしい呼び名は4月だけのもので、ネイティブアメリカンの俗称でもあるとか。

「月がピンク色に輝くのか!?」

…とびっくりしたものですが、そういうわけではないようです。

月は東から登ってくるので、国立天文台による月の出の予想時刻は以下になっていました。

札幌:18時1分
東京:18時2分
大阪:18時19分
福岡:18時40分
那覇:18時47分

日本の端から端で、46分も違うとは!?

“月の天体観測!平成最後の満月「ピンクムーン」” の続きを読む

塾でも学校でも習わない!理科のおもしろ入試問題

ここ最近、チラリチラリと今年の入試問題が耳に入ってきます。

特に理科は自分の中では注目している科目で、対策のしようがない問題にびっくりしています。

問題:石垣について

…うーん、これはなんとなくセーフかな?

問題:透明な氷の作り方

主婦の生活の知恵?
知っていたら鼻高々です。
夏休みの自由研究にありそう。

問題:おいしいコーヒーの入れ方

カフェイン!!
小学生がバリスタ並みに詳しかったらちょっと嫌だよ。

ちなみに、これは2019年度の麻生中学入試に出題された問題です。

“塾でも学校でも習わない!理科のおもしろ入試問題” の続きを読む

受験対策にも!?覚えておきたい日本の行事食「七草粥(春の七草)」

1月7日は「人日(じんじつ)の節句」。
七草粥を食べて、1年の豊作と無病息災を願う日。
「人日(じんじつ)の節句」とは、「人の日」という意味です。

七草粥に使われる植物は、まさに旬の物。
自然界から生命力をもらい、病気にならず長生きできると、昔から伝えられてきました。

一般的なのは、セリ・ナズナ・ハコベラ・ホトケノザ・ゴギョウ・スズナ・スズシロ
これは、1360年代に四辻善成によって書かれた「河海抄(かかいしょう)」で、春の七草として紹介されていたからだと言われています。

この七草の種類は、地方によってちょっと違うこともあります。
地域によって採れるものが違うので、春の七草以外の野菜を入れたり、お餅などを入れて7種類にすることもあるのだとか。

これらの植物には、年末年始で食べすぎて疲れた胃をいたわり、ビタミンを補ってくれる役割もあり。

昔は野菜が乏しい事もあり、冬に不足しがちな栄養を補うといった意味では大事な行事食でもあったのですね。
現在は、食生活の一つの区切り的な意味合いが強くなっているような…。

七草粥を食べることは体にとって優しいだけでなく、古くから伝わる日本行事に親しむことになります。

また、春の七草だけでなく秋の七草は、中学受験の理科分野や時事問題で出題されたこともあるで、家族で楽しく食を囲みながら覚えるきっかけにしたいものです。

“受験対策にも!?覚えておきたい日本の行事食「七草粥(春の七草)」” の続きを読む

中学受験勉強も家庭学習も、理科力を高める3つの学習方法

花が幼稚園生の時から通っている、理科実験教室「サイエンス倶楽部」。
次年度の更新時期となりました。

4年生は実習時間が3時間と、これまでより30分増加。
でも、月2回から1回になり、オプションも次年度は申し込まないことからも、塾との併用も問題なさそうです。

理科実験教室に入った理由は、授業では得られない理科実験に親しんでほしいといった気持ちからでした。

でんじろう先生の影響をもろ受けています。
(*`▽´*)ウヒョヒョ

低学年の時は純粋に理科を楽しんでほしいという気持ちで通っていましたが、中学受験勉強がいよいよスタートする今となっては、やっぱり受験勉強の一つになるかなとか考えちゃいます。

首都圏の私立中学受験では、近年では英語を入れた算国英の3科目が増えてきているとはいえ、まだまだ算国理社の4教科が大多数。
難関校ほど4教科型が目立ちます。

聞いた話では、傾斜配点でやっぱり算国が大きくなっており、算数と国語がそれぞれ「2」に対して、理科と社会はそれぞれ「1」と差があるのだと。

ただ、理科と社会も大事な科目ですから、決しておろしかにしてはいけない科目。
でも、配分の多い算国に力を入れてたいということからも、理科や社会は限られた時間内で効率的に勉強する必要があるんですね。

ちなみに、進学塾などの理科への取り組み方やカリキュラムをみてみると、最初は軽めに取り入れているようですが、学年が上がるにつれて単元が増えて難しくなってきます。

“中学受験勉強も家庭学習も、理科力を高める3つの学習方法” の続きを読む