歴史的瞬間!天皇退位に伴う新元号「令和(れいわ)」

新元号が発表されました。
令和(れいわ)

奈良時代に完成した日本最古の歌集「万葉集」の梅の花の歌32首の序文。
初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」から引用。

これまで中国の古典から出典されていたので、日本の古典からは初めて!

人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味が込められています。

記者会見では、新元号の考案者については本人の希望により氏名は秘匿。
また、新元号と特定の個人との結びつきが強く強調されてしまいかねないため詳細は非公開。

他の候補についても、比較して議論されるのは適当でないとして、その数や案についても伏せられました。

*追記
翌2日にはすでにマスメディアの力でバレバレの状態になっていましたが…。

“歴史的瞬間!天皇退位に伴う新元号「令和(れいわ)」” の続きを読む