珠算検定試験7級受検!小学生で目指したい級は?

本日は、珠算検定試験。
7級の受験です。

1年生から始めたそろばん教室。

10級から始まって7級まできたわけですが、そろばん教室の先生にお話を聞いたところ、2年生で5級をとる子もいるのだとか
遥か上に感じる…

ちなみに、小学校卒業までには珠算2級が普通らしいです。

そろばん教室に通い始めるきっかけは、やっぱりお母さんの
「計算問題に強くしたい」
ということからのようです。

 

我が家もそのタイプではありますが、もともと私がやっていたこともあり(6年生で1級取得)、そろばんの良さを知っていたことからでした。
暗算が得意になるし、計算が早くなるのは本当ですから。

実際、花も計算は早く、暗算も2桁がちょこちょこできるようになってきました。
しかも、すでに掛け算と割り算問題もやっていて、家でも家庭学習で割り算を取り入れています。
良いことはあっても、悪いことはないおすすめの習い事です。




とりあえず、花にもせめて1級はとってほしいと願っているわけですが…世間では、「3級取ったら辞めます」といった保護者の方が多いのだそうです。
びっくり

「3級よりも、せめて1級まで頑張ってほしいんですが…」
と、先生が何かの時にポロリとこぼされていました。

なんでも、3級では中途半端らしく、1級までやっておくとなかなか忘れないようなのです。
確かに、私もまだ頭の中のそろばんは健在です。

 

そろばん検定…いわゆる珠算検定は、商工会議所・日本珠算連盟・全国珠算教育連盟と実施している団体によって、取得できる級位や段位が異なります。

商工会議所では6級~1級、日本珠算連盟では10~7級と準初段~十段、全国珠算教育連盟では15~1級と初段~十段です。

私が子どもの頃に習っていたのは日本珠算連盟。
花は全国珠算教育連盟。
何も考えずに近所のそろばん教室に通う事がほとんどでしょうから、入った後にその違いに気が付く方も多いのではないでしょうか。

 

ちなみに、花は私が使っていたそろばんを使用しています。

そこには、合格したときにもらえる級のシールを貼っていて…花の先生、気が付いているよね?
あはっ(A;´ 3`)

花のところでは合格した際にシールはなかったので、そこで初めて団体が違う事に気が付いたのでした。

また、私の時は暗算はやらなかったのですが、花のところは暗算もしっかりやっています。
これも、団体の違いでしょうか?
それとも、時代の違い?
教室の違い?

 

花はどこまでできるのか…
今のところは、パチパチするのが楽しいみたいで夢中。
このまま頑張っていってほしいものです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログ 教育情報へ

<関連記事>

受験・就活対策にも!ニュース時事能力検定 (N検)

受験・就職にも役立つ!?数学検定・算数検定

漢検9級合格!届いた漢検検定結果資料3点セット

朝日新聞社&ベネッセが運営!語彙・読解力検定

初めての毛筆検定(5級)!指定教材で練習




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です