上位クラスと下位クラスの差は、塾の授業の受け方にあり

先日、家庭教師(過去に塾講師経験あり)をする友人から、春期講習と春休みの過ごし方についてアドバイスを受けた際に、ついでに通塾に関する疑問などもいろいろと聞いてみました。

友人がこれまで受け持ってきた生徒さんは、ほとんどが中学受験生でありどこかしらの塾に通塾。
保護者さまからもいろいろと相談に乗ることも多い立場なんだとか。
いろんな受験生を見ていて感じたことを教えてもらいました。

まず気になるのが、生徒さんが通っている塾!

友人が務める家庭教師塾では、一番多いのは日能研とサピックス。
両者が半数を占めていて、次に多いのが四谷大塚、早稲田アカデミー。
そして、その他塾の生徒さんもチラホラ。
塾の立ち位置としては、中堅クラスの生徒さんを持つことが多く、下位クラスの生徒さんは少ない傾向にあるそうです。

 

そんな保護者からよく聞かれるのが、

「上位クラスの生徒さんたちはどれだけ勉強しているのか?」
「どれだけ勉強すれば上のクラスに入れるか?」

…という質問。

親からみれば、ものすごく頑張っているのに上位クラスに入れない。
その理由がわからずもんもんとしてしまう。
同じ保護者として、その気持ちすっごいよくわかります。

睡眠時間を削って勉強をしているのでは?

…とも思えるほどですが、それは健康面・精神面にマイナスにしかならないので、やむ雲に勉強するより計画的に勉強するのがいいのだと否定されました。

やっぱりそうかぁ~。
ダラダラやるより、計画的・効率的な勉強が大事なんですね。

クラスを上げることは、親が思うほど簡単な事ではないようです。
とはいえ、スタート時に上位クラスに入れなかったとしても、あきらめず、早い段階で上げられるように頑張ることが大事。

逆にクラスが下がってしまったとしても、もう戻れないと悲観するのではなく、なぜ下がってしまったのか原因をしっかりと把握します。
そして、気持ちを切り替えて次のテストで最善を尽くすのが大事。




 

また、塾に通う上で心配なのが、塾の授業についていけるかどうかです。
理解度的にはどんな感じなのか?

授業の理解度については、上位クラスほどよく理解できている子が多いようですが、下位クラスほど理解できないまま進めてしまっている生徒さんが多いよう。

その日の授業においては、ただ先生の話を聞くだけでなく、その授業で一番大切なことは何なのかを理解することが重要。

塾から帰ってきたら、その日の授業について聞いてみるといいそうです。
明確にスラスラと答えることができればいいのですが、あやふやな回答だと要注意。
しっかりと見直しをします。

 

ちなみに、授業の受け方で注意したいのが、「ノートをとるのに一生懸命で先生の話を聞いていない」事。

塾の授業は学校と違いレベルも高ければカリキュラムの進み具合もハイスピード!
理解していない生徒がいても、どんどん計画通りに進められていきます。

なので、先生が話し始めたらノートへの記入はいったんストップ。
集中して最後まで聞くようにしたほうがいいのだとか!?

ノートも書かないと消されてしまう焦りもあるから、これも小学生には慣れないとなかなか大変そうですね。

 

そして、家で勉強をしている際に「わからない~」と持ってくる問題。

算数も国語も小難しくなってきているので、親でさえ「えーーー!?」とうなってしまう事がチラホラ。
解説を見て教えることが増えてきました。

なので、「先生に質問しなさい…」というセリフが定番化しつつあります。

子ども的に、質問ってしやすいのかしら?
先生も忙しいから、そんなに質問は受け付けられない?

…とちょっと心配。

そこのところを友人に聞いてみたところ、「どんどん質問するべき!」と一喝されました。
(≡ε≡;A)

ちなみに、塾で講師をやっていた際、成績上位者ほどよく質問に来ていたそうです。
疑問点があればすぐに聞いたり調べたりする事は、授業の理解度をおのずと上げていきます。

逆に、疑問点をそのままに、あやふやなままにしていれば、次第に授業についていけなくなると。

理解できるまで質問したり、説明を聞くことで苦手分野や単元を作らない事になるのですが、それは小学生にはなかなかまだ難しいところも。
だからこそ、差がつくのかな?

苦手分野ができてしまったら、まずは子供のレベルに合った市販の問題集に取り組んでいくのも有効な方法なんだとか。

親だけで選ぶのではなく、子どもと一緒に選んで、やりやすい問題集を選ぶのがポイント。
塾や家庭教師の先生に聞くのもおすすめです。

 

来週から始まる新学年講座。

授業内容もますます難しくなっていくので、友人からのアドバイスを元に、1日1日の授業を大切にしていこうと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログ 教育情報へ

<関連記事>

新学年スタート!塾で違う春期講習ポイントと春休みの過ごし方

【四谷大塚】予習復習ナビ・高速基礎マスター設定&中学入試説明会の案内

睡眠不足で脳がやせ細る!習い事&塾のスケジュール管理を工夫

【四谷大塚】組み分けテスト対策授業

【日能研】サンプル配布!情報エクスプレスや雑誌、レポートなどの情報ツール




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です