3月3日はひな祭り♪お雛様に込められた願いと歴史を知る

3月3日は桃の節句。
旧暦で桃の花が咲く季節とされていたことからも、「桃の節句」と呼ばれるようになった…なんて話もあります。
または上巳(じょうし)の日とも呼びます。

今年は塾と町内会、子ども会でバタバタしており、お雛様を出すのをすっかり失念!
本日、「ああっ!お雛様!!」と思い出し真っ青。
Σ(lliд゚ノ)ノ ンヵ゙ぁッ!!!

そんな母&父に、花は「まだお嫁に行かないから、今年は出さなくてもいいよ」とフォローしてくれました。

ん?
なんか違わないか!?

うーん、お嫁に行くための願掛けじゃないんだけど…。
毎年、「早くしまわないと行き遅れるよ!」とパパに片付けを急かしていたからかな?

桃の節句は五節句の一つで、もともとは3月上旬の巳の日におこなわれていたのが、いつしか3日に。

古来中国では、上巳の日に川で身を清めて不浄を祓う習慣があり、これが平安時代に伝わり取り入れられるようになったのだとか。
小さな人形(形代と呼ばれる人の形をした紙)にけがれを写し、川や海に流して不浄を祓う「流し雛」もその一つです。




この流し雛が発展していったのが、雛人形を飾る雛祭りです。

雛祭りは、女の子の健やかな成長を願う伝統行事として、ひな人形を飾り、白酒や菱形、あられ、桃の花などを添えて祀るようになりました。
最初は宮中でおこなわれていたのが、やがて武家社会にも取り入れられるようになり、江戸時代になると庶民の間でもおこなわれる一大イベントへと発展。

雛人形の飾り方は、関東と関西では反対の説もあります。

関東では男雛が向かって左で、女雛は右。
京都ではその反対だったのだとか。

これは、日本古来の「左の方が格上」とする考え方から、京都では男雛を向かって右に配していました。
が、欧米文化とそのマナーが浸透するなかで、大正天皇が向かって左側に立たれるようになり、皇居がある関東では雛人形もその位置に合わせておかれるようになったのだからなんだとか。

同時に、平安時代の宮中では、旧暦の3月3日に闘鶏がおこなわれており、「闘鶏の節句」なんて呼び名もあったそうです。

ちなみに、5月5日の端午の節句は、もともとは男女の区別なくおこなわれていたのですが、雛祭りにおける雛人形の浸透と共に男の節句に。
端午の節句は菖蒲の節句ともいわれている事からも、「尚武」にかけて音の子の節句にしたそうです。




 

そんな雛祭りでの食事は、ちらし寿司や蛤のお吸い物が定番。

ちらし寿司にさまざまな具材を混ぜ合わせ作りますが、これは「将来、食べるものに困りませんように」という願いが込められています。
また、蛤のお吸い物には、蛤の貝殻のように、ぴったりと合うパートナーと出会えますようにという願いが。

昔は、「雛の国見せ」といって、雛人形を屋外に持ち出してお花見のようなピクニックスタイルで楽しむ習慣もあったそうですが、今ではすっかり自宅でおこなう雛祭りパーティーになっています。

 

他にも欠かせない菱餅やひなあられなどの食べ物に関しても、女の子の健やかな成長と幸せを願う意味が込められている縁起物。

3色カラーの菱餅は、厄払いと祝いの意味を込めた「赤」、清浄を意味する雪の「白」、命の象徴である「緑」と言われています。

角からちぎって食べると、「角が立たない」というコミュニケーションに関する縁起担ぎの意味を持たせることができるとも言われています(他にも諸説あり)。

また、かつておこなわれていた上巳の節句の名残で、長寿の象徴である桃の花を浸した「桃花酒(とうかしゅ)」。
女性も飲みやすいことからも、桃の節句に飲んで厄払いをしようと江戸時代の女性に大人気だったそうです。

この桃花酒の風習から、今では白酒が飲まれています。
白酒はアルコールを発酵させた本物のお酒なので、お子様は飲めません!
なので、麹を原料にしたノンアルコールの甘酒を代用。

 

ちなみに、3月3日は他にもさまざまな記念日があり、雛祭りと関係しているものもあります。
これは受験豆知識として覚えておいたほうがいかな!?

「女のゼネストの日」

まだ作られた年数が浅く、1997年(平成9年)から実施。
女性労働者が団結しておこなう全国規模のストライキを提唱している各団体が制定。

男女共同参画社会を目指し。男女平等基本法の制定について女性が立ち上がる日。
3月3日の桃の節句に合わせて、この日にしたんですね。

ちなみに、きっかけは1996年(平成8年)に来日した、アイスランドのフィンボガドチル大統領の演説。

なんと、アイスランドでは、1975年(昭和50年)と1985年(昭和60年)に「女のゼネスト」がすでにおこなわれており、何万人もの女性が仕事を放棄して首都に集結したのだとか。
その結果、初の女性大統領が誕生するほどの影響力です。

「金魚の日」

江戸時代、雛祭りの時に金魚を一緒に飾っていたそうで、そのことから日本鑑賞魚振興会が制定しました。

「結納の日」

結婚式で定番の「三三九度」から。
全国結納品組合連合会が制定

 

他にも、「耳の日」や「耳かきの日」「民法ラジオの日」「平和の日」「サルサの日」「三の日」「三十三観音の日」などなどあり。
意外と3月3日に集中しているのでびっくり。

ちなみに、「耳の日」は、1956年(昭和31年)に日本耳鼻咽喉科学会が「み(3)み(3)」の語呂合わせで制定した「耳の日」。

それだけじゃなく、「見えない・聞こえない・話せない」の三重苦のヘレン・ケラーに、サリバン女史が初めて教鞭をふるった日でもあると。
さらにさらに、電話を発明したグラハム・ベルの誕生日。

他にも3月3日を誕生日にする有名人はたくさんいます。
一番古い方では、1288年の後伏見天皇。
サッカー選手のジーコ、ルパン三世の声優さんで有名な栗田貫一などなど。

 

ちょっと調べてみただけでも、いろんなことが話題が出てくる3月3日。
雛祭りで出されていた食事なども、「へー」と思わず言ってしまう部分も多かったので、これは是非とも花にも伝えなくては!

これまであまり菱餅は用意しなかったけど、今日は買って食べようかな~。
売り切れていないといいな~
((´I `*))♪

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログ 教育情報へ

<関連記事>

受験生にとっては運命の日!2月11日に確定する2つの重大事項

年神様の魂が宿る鏡餅!神様のパワーをいただきます

受験対策にも!?覚えておきたい日本の行事食「七草粥(春の七草)」

三人寄れば文殊の智恵!日本三体文殊菩薩の一つ、野原の文殊寺に初詣

ドイツ生まれの冬の風物詩!クリスマスマーケット in 赤レンガ倉庫




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です