夏休みの無料体験1ヵ月!学研ゼミのデジタル学習サービス

今日から夏休みです。

長い休みにどれだけの勉強ができるか…大きな実力差を付けていく事と思うと…

うっ、母へのプレッシャーが半端ない!
(∀・;)オドオド(;・∀)

先日、いつもお世話になっている本屋さんにいったら、店内はお母さん方で込み合っておりました。皆さま、手にいろんな参考書や問題集をお持ち。

その本屋さんは四谷大塚が入るビル内の書店なので、参考書や問題集もそろっています。
だからこその、現象だったのかもしれません。

我が家でも夏休みの課題はいくつか用意しているのですが、最近の花の勉強具合といったら…目も当てられない。
やるときはやるのですが、エンジンがかかるまでが長い。

そして、最近はテレビよりもゲームに夢中。
終わるとすぐにゲーム。
…ったくまぁ~(´д`ι)

そこで、ひらめいたのがゲーム性のある勉強。

ゲームが好きなら、ゲーム性のある学習…それも取り組みやすいレベルのものを取り入れればいいんだ!

~追記~
*「学研ゼミ」は、2019年3月20日(水)でサービス提供が終了しました。

 

最近始めた「英検ネットドリル」もその一つ。
パソコンを操作して…というのがツボだったらしく、リトルくらぶよりも取り組みはいいです(今のところ)。

来年の4年生からは国語と算数だけでなく社会と理科の勉強も本格化してきます。そのためにも、今3年生のうちにある程度の基礎力は付けておきたい。

そこで目を付けたのが「学研ゼミ」のデジタル学習サービスです。
なんと、1ヵ月間の無料お試し期間があるのです。
夏休みに試すのにぴったりです♪
∑d(d´∀`*)グッ!




学研ゼミといえば、70年以上前から続く学習サービス会社。
誰もが知っている大手さんです。

幼児から中学生と幅広い年齢向けに、多彩な学習サービスを用意しており、今回体験を決めたデジタルコンテンツは月額500円から始められるといった驚きの価格帯!
お小遣いよりも安い!?
!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

 

多種多様なサービスがあるなかで、1カ月間無料で体験できるのは以下の4つ。

・教書対応デジタル教材「スマートドリル」
・ゲーム感覚で学習を進めることができる「ワンダードリル」
・学研の書籍600冊以上が読み放題の「学研図書ライブラリー」
・幼児向け教材の「キッズクラス」

その他にも、農体験などのリアルな場で行う体験イベントや、ストーリーを進めることでプログラミングが学習できる「ポコタス★Do」。パズルを楽しみながら英単語を覚えることのできる、iOSアプリ「アルファベットストーンズ」などあり…興味がつきません。

 

利用方法は、マルチデバイス対応のパソコンやタブレット(一部スマートフォン)なので、専用端末代等はかかりません

タブレットがあれば、電車の移動時間などでもできますね。
遠出するときにも活躍しそうです♪
(音に注意が必要ですが…)

また、年間契約などの契約期間の縛りもなく、違約金も発生しません。

無料体験期間はクレジットカード情報登録などは不要で、解約し忘れによる自動課金の心配もなし。なかには、無料期間が終わる前に解約してくださいとかいうのもあるのから面倒なんですが、これにはそれがないので安心です。

しかも、無料体験後にありがちなDMやチラシなど煩わしい紙の資料の送付もないそうなので、これもいいですね。

 

自分のペースで学習できる、学研ゼミのデジタルコンテンツサービス。
子どもに合わせた必要サービスだけの申込が可能なので、無駄もなし。
さっそく申し込んで、花の反応をみたいと思います!!

ホームページの「1ヵ月無料体験を申し込む」ボタンをクリックすると、まずは会員登録(無料)です。

保護者のメールアドレスだけでなく、各種アカウントからの登録も可能。我が家はメールアドレスで登録。すると、メールアドレスに登録用のリンクメールが届きます。

リンク先をクリックすると、子どもと親の情報を入力します。
ここで、パスワード設定だけでなく、子どもの年齢に合わせた教材の設定がされるようです。

ちなみに、最後に任意のアンケート↓

入力が終わると、いよいよマイページにログイン!
ちなみに、ログインIDは学研ゼミから振り分けられるので、メモしておいた方がいいです!

さぁ~てん…
いよいよ花を交えての実践です!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です