【学研ゼミ】プログラミング学習「ポコタス★Do」

花が帰宅したのを見計らい、
先日申し込んだ1カ月無料体験「学研ゼミデジタル学習サービス」を開いてみせてみました。

マイページには、「スマートドリル 」「ワンダードリル」「学研図書ライブラリー」「キッズクラス」「ポコタス★Do」のメニューと、
お知らせ、「見てみよう!やってみよう!」というタイトルのコラムコンテンツが。

あれ?
「ポコタス★Do」は無料サービスに入っていたかなぁ~??

と首をかしげつつ、花にどれをやりたいのか聞いてみると「ポコタス★Do」。
では、さっそく「ポコタス★Do」からトライです!

~追記~
*「学研ゼミ」は、2019年3月20日(水)でサービス提供が終了しました。

 

「ポコタス★Do」は、最近流行りのプログラミング教材をゲームにしたようなもの。
プログラミングを勉強中(苦手らしい)の主人公が、異世界のコンパイラ姫と機械の鳥の執事・スティーブと一緒に、悪のプログラミング組織・バグース(こちらはトロイの木馬など、悪さするウイルスとか)と戦うといった内容です。

 

最初は無料ストーリー。
基本操作の覚える内容で、その後のストーリーは購入になります。

「ストーンクエスト」では、コンパイラ姫をプログラミングで動かしていきます。
次々とミッションが出され、それを一つ一つクリアーしていくと、いつの間にかプログラミングとはなんなのかが把握できるようになっているんですね。

登場人物の漫才のような掛け合いもあり、読み進めるのも楽しい。

コンパイラ姫を動かして宝石を取ります。左側がプログラミング記入で、右側が実際の動きです。
ミッションをクリアーするとこの表示が出て、次に進めます。
最後らへんにくると、今度は悪の組織・バグースが軽く邪魔してきます。

プログラミングとはどんなものか…というのに親しむのには十分な量。
アドバイスもありますし、操作性も難しくありません。

また、ストーリーに沿って進めるので、子ども的にもおもしろいようです。
ゲームが好きな子には最適なのではないでしょうか。

 

花もすっかりはまってしまい…
次のお話に進みたがっている様子。

いくらぐらいするのかなと、さっそく調べてみると…
(ちなみに、購入に関しては保護者のログインが必要になります)

今回だけの請求になるそうです。

 

まぁ、プログラミングの勉強には良いですし、そこまで高い金額ではないので購入してもいいかな?

でも…

他にもどんどんストーリーが出てきますよね!?
そのたびに支払いですか!?

学研さんも、なかなか考えますなぁ~

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

<関連記事>

夏休みの無料体験1ヵ月!学研ゼミのデジタル学習サービス




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です