大維志くんの中学受験から見た「得たもの」「失ったもの」

ジャガー横田さんと木下さんの息子さん、大維志くんの受験結果が、日テレ「スッキリ」で発表されました。
本命の広尾学園に3回チャレンジするも、残念ながら全敗。

「受かっている子たちは俺より頑張ってた」

「俺が落ちているのは努力不足」

という大維志くんのセリフに、こちらも目頭が熱くなってしまいました。

確かに大維志くんの言う通りです。
それが受験の厳しさ。
でも、それをしっかりと自覚して、言葉にするにはなかなかの勇気がいると思います。

大維志くんは今回は破れてしまったけど、今後大きく成長するのだろうなと見ていて確信しました。
きっと良いお医者様になれると思います。

また、親への感謝を口にする大維志くんの姿に、おもわずギャングエイジ・花の姿を思い浮かべてしまったりして。
あの娘も、そんなことを言ってくれるようになるかなぁ~…。
(=ェ=`;)

無事に受験も終わり、中学進学への準備が始まりますね。
大維志くんをはじめ、ジャガー横田さんと木下さんにも、心からのお疲れさまとありがとうを言いたいです。

今回の大維志くんの受験をみていて思ったのは、中学受験というのは「得られるもの」と「失うもの」がすごいなという事。
頭ではうすうす思っていたことも、現実としてリアルに実感させられました。

“大維志くんの中学受験から見た「得たもの」「失ったもの」” の続きを読む