【四谷大塚】組分けテストが届いたニャー

先週、週テストが遅れた事からも、「はたして無事に届くか!?」と心配していたのですが、午前中にクロネコ宅配便で到着。

ホッと一安心の母。
午後から自宅受験です。

テストの返却用封筒も同封されており、切手付き。
これは助かります。

 

今回の組分けテストは、後日、採点済答案・成績結果共にWEB「会員サイト」にアップされます。

いつもより時間がかかるのは仕方なし。
データとして残るのでよかった。

また、厳正実施が難しいことからも、組分け(コース判定)はなし。

 

そんな自宅で組分けテスト。

花さん、週テストと同様に母の仕事デスクで。

黙々と始めたのですが…なんか、やる気なし?
緊張感がないのは確かでした(汗)。

そんな花の試験監督は、母。

先週の週テスト時には、花が見える範囲の場所でテレワークをしていたのですが、本日はお仕事もなく…正直、ヒマ。

掃除したいけど、気が散るだろうし。
かといってマンガなんて読んでいたらヒンシュクもんだし。

なので、小説を読むことに。
母の読書姿に、ゲームではなく読書の楽しさに目を向けてくれたまえ…と願いながら。

ちなみに、塩田武さんの「罪の声」。
めっちゃ分厚い。

 

「意外とテスト時間って長いなぁ~」と思いながら、なんとか無事に終了した自宅受験。

1科目終わるごとに答案用紙を受け取っていたのですが、まぁ、ひどい。
まず、空欄がある時点で大体の点数が予想できて…おなかに強烈パンチ☆
ぐはっ!!

合計、4発(4科目、最大は国語)くらいました。

 

終了後は解答用紙をコピーし、原本を同封されていた返信用封筒にさっさと入れてしっかりと封!
したらば、答え合わせです。

理科と社会はテキストをみながら、コピーした答案用紙に丸付け。
国語はスルーして、算数はとりあえず大問1&2だけ。

まぁまぁ…
これまた心臓に悪い。
間違えていると心臓がキュッと縮む感じ?

もう、母は採点しちゃダメだと思ったぐらい。
途中、ポカやっているミスを見つけるたびに、くらっとめまいが…。

子が出木杉君だったら楽しい採点になっただろうけど。
そうじゃないので、母は満身創痍です。

 

全てを採点したわけではないのですが、大体の点数が把握できました。
後は、約1週間後の結果を待つばかりです。

今回のテストは、しっかりと理解が追い付いていない箇所がいくつか見つかり…。
あんなに一生懸命に解説したのにと、なんだかやる気もそがれた感じ。

まぁいつもの事なので、雑草のように、またしぶとく前を向いてトライしていかないとなぁと自分で自分を鼓舞。
花にも叱咤激励。

 

しばらくテストはなし。

明日からのステイホーム期間。
どんな風に学習を進めていこうか…

うーん…今夜はもう考えたくない(涙)。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です