【四谷大塚】初めての週テスト!結果&週テスト演習

初めての週テストを受けました。
テストコースはCコース。

テストは算数・国語の2科目。
各40分で、100点満点ずつの合計200点満点です。
社会と理科は組分けテストのみ。

週テスト結果は、翌日の夜にはネット上で発表されていました。
2科目の点数と答案。

半分ちょいの点数にわははっと引きつり笑いの母です。

理解度が☆マーク5点満点中、3点。
うーん…悩ましい。

そして、休み明けに再度、ホームページの会員サイトを見てみると、細かい順位や偏差値が記載されていました。

 

あくまでも、自分のテストコース内でのもの。
なので、他のテストコースは不明。

Cコースの受験者数は732名。
算数の平均点は70.7点、国語の平均点は66.2点。

2教科最高得点は187点(1名)、最低点は83点(1名)。

組分けテスト同様に、成績優良者がフルネームで記載されています。
どうやら、最高得点をとったのは女子生徒。

しかも上位に入塾したばかりの生徒さんが入っています。
すごいですね~。




 

最後のお知らせでは、組分けテストの詳細が記載されていました。
今回のS組、1組、2組のボーダーラインです。

4教科クラスでいえば、Cコース(731名)の最低点は261点。
Bコース(817名)の最低点は211点。
Aコース(936名)はそれ以下。
いずれも、1~8組まであります。

ちなみに、3教科と2教科でも記載されていました。

毎回、こうして成績が細かく出るのですから、慣れるまでかなりのプレッシャーです。
メンタルが鍛えられるというか、麻痺しちゃいそう。

 

週テストの日は、テストを受けて終了というわけではなく、その後に週テスト演習が1時間ありました。
事前に週テスト演習で使うイヤホンを用意しなければならず、慌てて家電量販店に。

イヤホンなんて20年ぶりです。
しかも子供用…。
あるんかいな?

店員さんに聞くと、特に子供用ないけれども、大体S~Lまでそろっていると。
値段もピンからキリまであり、2千円以下で購入できるものも。

とりあえず最初で使い勝手も無難な、2千円ぐらいイヤホンをチョイス。
サイズはSSからと、これなら大丈夫だろうという安心感があります。

で、花に装着させたら、サイズはSでした。
初めてのイヤホンに、花さん、大喜びです。

面白がってつけたがるのですが、耳の健康も考えて、四谷大塚で使う以外はNGに。
まだまだ成長段階ですからね~。

 

この週テスト演習は、以前までは先生による解説授業だったのですが、今年からはiPadで演習することになりました。

週テストの結果を反映した問題演習、解説映像視聴に取り組むと。
先生は、コーチング役です。

先生による解説授業からiPadに変えることは、これまでの一律の解説授業から、生徒個々に最適化された演習問題を提供することになるとの事らしい。

単元・レベルで細かく分類された問題が演習でき、解答状況に応じて次の問題が自動で提示。

四谷大塚に長年蓄積された、膨大な問題と解説授業をフルに活用した演習が可能になり、生徒の演習データを蓄積することで、学習の可視化やさらなる高度化が可能になるというのです。

 

今週末も、週テストがあります。

まだまだテストに対して甘く見ている節があるので心配ですが、いずれ気が付いてくれることを祈って、今日もがんばってやっていこ~。

とりあえず、次の授業の漢字テストで合格をとることかな!
先週は不合格をいただきましたので…。
(тωт`)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログ 教育情報へ

<関連記事>

【四谷大塚】バッタバタの1週間!新4年生講座を受けてみて

【四谷大塚】新4年生授業日時と週テスト&組分けテスト

【四谷大塚】新学年オリエンテーション(保護者会)

【四谷大塚】3年(新4年生)公開組分けテスト!クラス通知到着

【四谷大塚】予習復習ナビ・高速基礎マスター設定&中学入試説明会の案内




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です