【家庭教師】ドッキドキの初授業!

さてさてさて…
ドッキドキの家庭教師のノーバス、先生初訪問!

時間は夜の8時から。

なぜなら、花は学校が終わったら習い事があるし、母は仕事で帰宅が遅いのでこの時間に。

7月の夏期講習は1回あたり60分×2コマで120分。
8月は週1の90分。

どちらも途中で休憩が入りますし、また毎回の連絡ノートの記入時間と保護者との連絡の時間は含まれません。

ちなみに、我が家はわかりにくい場所にあり、母も最初は迷ったほど。
カウンセリングにいらした方も迷ったことからも、ちょっと心配。

案の定、先生も迷ったみたいで、5分ほど予定時刻を過ぎて到着されました。

もちろん、直前に「すみません!遅れます!!」と慌ててた様子の電話が…なんか、申し訳ない(汗)。

 

めっちゃ今どき風(?)、もしくはぐいぐい押しが強い先生だったらどうしよう~。

なんて、そわそわしっぱなしの母。

20歳以上も離れている子なんて、母にとっては未知なる存在。
かなり不安が…。

でも、やってきた先生は、とても物静かな感じがする良家のお嬢様という感じの方でした。

母、ほっと一安心。

ギャルみたいな子を想像してしまう母の想像力のなさと、凝り固まった固定観念を見事に打ち砕いてくれて嬉しい。




 

まずは、お互いに挨拶。
しっかり手洗いも。

先生はおとなしそうな感じですが、好奇心旺盛でやると決めたことにはがっつり取り組んでいくような…そんな意思の強さが感じられました。

小学生の相手も慣れている様子。

ふと頭に浮かんだのは、教務センターの声。

お人柄や対応面も申し分ない方ですので安心してお任せください

確かにその通りでした。
ごめんなさい。

 

まずはノーバスからの書類や、指導毎にやり取りするノートなどが入った封筒をいただきました。

封筒に「推薦状」とスタンプが押されているのにはびっくり。
しかも、先生の身分証明書のコピーも!

これは大事な個人情報なので、失くさないように大切に保管せねば。

その他、ご利用案内やら指導連絡ノート、指導シール、成績を送るアンケート用紙などが。

 

挨拶&説明が終わったら、いよいよ指導開始です。

花がいる自室に。
母は邪魔にならないように、階下のリビングに。
あとは先生にお任せです。

ちなみに、先生だけでなく母も花もマスク着用は当たり前ですが、先生にはネットで購入したフェイスガードを着けてもらいました。

10枚入りで1,000円!
楽天で購入。

 

指導している間、テレビを見ているのも気が引けるので、普段できない部分の掃除&片付けに取り組む母。

部屋の扉は開けっ放しにしているので、時折、楽しそうな声が聞こえてきます。

そのやり取りにホッと安心。
やっぱり、楽しく勉強してもらいたい。

 

そして、10時半に授業終了。

本日の指導内容を記入した連絡ノートといただきました。
次の授業日を決めて、先生ご帰宅。

ちゃんと宿題も出ていました。

カウンセリングや契約を結ぶ際には、算数と国語、必要があれば理科社会も4科目の指導をお願いしていたのですが、目下のところは算数集中になりそうです。

 

肝心の花の様子はというと、ニコニコしながらリビングに。
口に出してはいいませんが、どうやら花も好印象だったようです。

時間も遅いから、もう風呂に入って寝なさいという母の言葉に「もう少しやる」とやる気満々です。

さらに「面倒なやり方していたよ」と、なにやら感動している様子。

それ、大事っすよ。
カウンセリングの際にも言われているから、どんどん直し吸収してね。

 

なんだかいい感じでスタートした指導。
翌日に、教務センターからメールが。

ご印象の方はいかがだったでしょうか。
まだ1回目の指導ではありますが、何かご要望や不明点などあればいただければと思います

ちなみに、Mさんからバトンタッチしたのか、今度はUさんです。
Mさんは、講師を見つけて初回指導日を設定するまでなのかな?

感想としては「よい先生をご紹介していただき、ありがとうございます」と返信させていただきました。

次の指導も楽しみです。

成績が上がるのももちろん大事ですが、家庭教師の先生が来ることで勉強に意欲的になってくれるといいなぁと期待です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です