英検ジュニア、成績表返却

6月に受けた英検ジュニアの結果が返却されました。
結果は、予想通りの一歩手前落ち。
ブロンズの時もそうでした。

シルバーを受けて53問中40問と、その正答率は75%。
英検CSEスコアは145。
このCSEは、国際基準企画CEFRに対応したユニバーサルなスコア尺度英検CSEを表したものです。



 

英検ジュニアでは、正答率80%以上になると次のレベルが受験できます。
花は75%だったので、次回もシルバー。

次回の試験日程は、ペーパー版・グループ会場であれば10月27日(土)~ 11月4日(日)。
申込期間は、協会必着で9月3日(月)~ 10月1日(月)。
英語教室に確認しないとです。

ちなみに、オンライン版もあります。
オンライン版はフルパック(ラーニング+テスト)ラーニングテストと3種類あります。

フルパックは、ドリル&ゲーム、模擬テスト、オンラインテスト、カードアルバムがセット。
ラーニングは、ドリル&ゲーム、模擬テスト、カードアルバム。
テストは、オンラインテスト、ラーニング(一部)、カードアルバム。
価格は、期間によっても異なるようです。

テスト終了後にはすぐに結果を見ることができ、間違った問題はもう一度確認することができるそうで、ペーパーテストと比べて驚くほどスピーディー。
規定の正解率をとると、後日、受験者の氏名が印字されたREPORT CARD(成績表)とCERTIFICATE(成績証明書)が送付されるそうです。

…こりゃ、こっちのほうがいいかな?
家で受ける方が楽そうです。

 

英検ジュニアでは、成績が山登りで表現されています。
ブロンズから始まって、シルバー、ゴールドと高みを目指して登っていきます。

ご丁寧に、過去の成績も月日と一緒に記載されています。
各レベルの80%~100%(ステップゾーン)の枠は濃く塗られており、この枠に入れれば次のレベルにチャレンジ可能。
GOLDでステップゾーンに入ると、英検にチャレンジしてみようとなるわけです。

とはいえ、これはあくまでも目安なので、ステップゾーンに達していなくても子どもや先生と相談して英検するかどうかを決めます。

 

そして、テスト分野別の理解度が、個人成績と平均がグラフでわかるようにされており、アドバイスも。
語句会話文章文字です。

その下には、問題ごとの〇×表示。
どの問題を間違えたのかがわかります。

最後には、「次へのステップ!」としてアドバイスがつらつらと…。

 

今回、惜しくもゴールドへのチャレンジ権は獲得できなかったわけですが、これを次回の糧にしてがんばっていきたいと思います。
ただ、英語教室の先生からは英検の案内をもらっているけれども、受験するか考えてしまいますが…。

 

どうぞお願いします(*´-`*)ゞ ポリポリ
このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらもおすすめ
ブログランキング・にほんブログ村へ

<関連記事>

英検は、大人の英語試験にも最適

旺文社英検ネットドリル、スタート!

【英検】5級の試験内容と対策

旺文社の英検ネットドリル、試してみました

英検と英検Jr.の違いとは?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です