大人もはまる☆アニメ×科学「ジュニア空想科学読本」

理科や科学に親しませるのに最適と、入門編とも言える「ジュニア空想科学読本」。

ジュニア空想科学読本 (角川つばさ文庫) [ 柳田理科雄 ]

価格:712円
(2018/10/3 08:28時点)

正直、表紙を見た時は、
「うわっ、おもしろくなさそう…」
と思いました。
(最高に失礼ですね)

「ガセか…」
と去りかけた時、最新刊などを並べたところに「ジュニア空想科学読本」が。
しかも、「14」巻!

14巻まで続くって…
それなりに人気がなければ無理です。

ということは、これはもしかして、もしかする?

悩んだ末、1巻を購入。
立ち読みなんて、野暮なことはしませんぜ。

 

角川文庫から発売されている「ジュニア空想科学読本」は、作者である柳田理科雄氏の「SF科学」考察本です。

名前からちょっと笑えます。
「りか(理科)」ですか!?

お馴染みの人気漫画やアニメ、特撮で描かれるさまざまなSFヒーロー・怪獣・各種キャラクターのSF設定だけにとどまらず、ライトノベルや昔話などの作品に関する不思議な現象を、「科学的」に検証しています。

つまり、空想科学作品で描写されている事柄を、現在科学で再現するとどうなるのか…という物理法則に当てはめてシュミレーション。

子どもからみたら馴染みない難しい話でも、ユーモアたっぷりの文章と挿絵で、なぜか多少わからなくてもなんとなく通じてしまう感じ。
「これはなんだろう?」と、逆に興味を刺激されて読み進めていける魅力があります。

すぐにはわからなくても、なんとなくつかめていける…まさに理科や科学に興味をもつきっかけになる本です。
なによりも、身近なアニメだからこそ興味を持ちやすく、わかりやすいといった事があるのかもしれません。

マニアだけでなく、一般読者にも受け入れられてベストセラーとなったよう。
今ではしっかりとシリーズ化され、14巻という素晴らしい巻数にまで成長しています。

ちなみに、1巻が発売された時の新聞広告では、本を手に号泣している2人の子どもの写真とともに、「子どもの夢を壊す本!」というキャッチコピーだったんだとか。

た、確かに…(゚Д゚;)




今回1巻を読んだのですが、特に面白かったのが「サザエさん」「アルプスの少女ハイジ」「アンパンマン」「大きなかぶ」でした。
他もくすくす笑いましたが、これの4作品については大笑い。

「サザエさん」では、エンディングの歌で一家が飛び込んだ山小屋が、伸びたり縮んだりしている事に対して、中では一体何が起こっているのかを検証。

「アルプスの少女ハイジ」では、オープニングの大きなブランコ。
その実際のサイズについて検証。

「アンパンマン」では、アンパンマンの顔で何人がおなか一杯になるのか?…から始まり、アンパンマンを作る費用や、ジャムおじさんとバタコさんの驚異的な身体能力まで追求。

「大きなかぶ」では、多くの人や動物が引っ張ってもかぶが抜けない理由について。

挿絵もさることながら、ユーモアたっぷりの文章で笑えました。
実際にあったらすごいなぁと感心したものです。

 

さらに、実は私も「?」と思っていたアニメの疑問もいくつかありました。

 

・「プリキュア」シリーズの変身シーンは長いけど、変身中にやられないのか?

・「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉おやじは、なぜ目玉だけで生きていけるのか?

・「キャプテン翼」で、サッカーボールがぶつかりコンクリートの壁がへこみました。
そんなことはあり得るのか?

・「きかんしゃトーマス」の仲間たちは、なぜ事故ばかり起こすのでしょうか?

・「デスノート」で世界中の人間を裁くことは可能なのか?

・「赤ずきん」のオオカミは、人間を飲み込みましたが、大きすぎませんか!?

・「ドラえもん」のジャイアンはものすごく音痴で、歌うと窓ガラスを割りますが、実際にそんなことあり得るのですか?

・少女漫画の主人公は目がとても大きいですが、そんな人が実在したらどうなりますか?

・芥川龍之介の「蜘蛛の糸」で、お釈迦様が垂らした蜘蛛の糸で大勢の人が登ろうとしていますが、そんなこと可能なのですか?

 

確かに、どれもうっすらと思っていたことです。
そうした疑問について、柳田理科雄氏は多方面から分析していきます。
「なるほどね~」とうなづくこと請け合いです。

他にも「ドラゴンボール」や「名探偵コナン」「100まんびきのねこ」「ゴジラ」「星のカービィ」「とある魔術の禁書目録」「戦国BASARA」「千と千尋の神隠し」「ウルトラマン」「海のトリトン」「GTO」「特捜エクシードラフト」「となりのトトロ」「透明人間」「マジンガーZ」「ワンピース」「かぐや姫」「鋼の錬金術師」「宇宙戦艦ヤマト」と盛りだくさんの内容。

知らない話でも、最初にちょこっとストーリーを教えてくれるので、難なく読み進めていく事ができます。

購入して次の日には読み終わりました。
とにかく、面白い!
2巻以降を、順次購入して読んでいこうと思います。

花よりも私がはまりました~
(´皿`●)ァ,、,、,、ノヽノヽノヽノ \

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

<関連記事>

「はたらく細胞」公認!「はたらく細菌」で楽しくお勉強

「のび太」という生きかた

続々!ざんねんないきもの事典

コミック版世界の伝記 宮沢賢治

漫画 君たちはどう生きるのか




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です