「家庭教師のトライ式性格診断」やってみた!

ママ友から聞いた「家庭教師のトライ式性格診断」。
やってみました。
ホ━━━( ゚д゚)━━━ゥ

なんでも、情報番組「スッキリ」でジャガー横田さん一家の中学受験密着特集があり、そこで息子くんがやっていたそうなのです。

このテストに用いられているのは、スタンフォード大学などで研究され高い評価を得ている「エニアグラム」という性格診断法。
性格や特性にあった学習指導をすることで効果が得られるというのです。

むむっ
侮れねぇ
そりゃ、やってみたくなるよね!

 

トライ式性格診断では、9つの性格タイプに分類されるそうです。

・完璧主義タイプ
・面倒見タイプ
・成功追及タイプ
・知識探求タイプ
・個性派タイプ
・堅実家タイプ
・統率者タイプ
・楽天家タイプ
・のんびりタイプ

17問の質問で、自分に当てはまると思える方を選択していきます。
このテストは最近できたものではなく、昔からあるようですね。

 

さっそく花とやってみると…

面倒見タイプ

でした。

長所は「親切。思いやりがある。順応性が高い。」

短所は「自分の事がおろそかになる。おせっかい。
親切の押し売りをしてしまう。頼まれると断れない。」

あぁ…
おせっかいなところ…これはこれで合ってるかも…。

なにせ、小学1年の時に
「あまり助けすぎるとその子の為にならないので…」
と、個人面談で先生に言われたほどですから。
(;´Д`A “

 

そして、性格別、効果的な学習方法としては…

 

・なるべく身近な分かりやすい例で説明されることを好みます。

・抽象的な概念が苦手。

・友人関係で上手くいかない時などは、気になって勉強に集中できない。

・短期集中学習向き

・一番心配なのは、友達と勉強をしたがり、結果的に勉強の効率が下がってしまうこと。
ある程度であれば意欲などにも良い影響を与えますが、やりすぎは厳禁。

・学年が上がるにつれて「一人で学習をする時間を多くしていく」ことが大切。

・家に友達を呼んで、ということもあるかもしれませんが、なるべく避けるようにしましょう。

 

な~るほどね~☆彡
さすが、スタンフォード大学!
納得できる点が多々あります。

ちなみに、このテストは「家庭教師のトライ」にあることからも、最後にはバッチリ営業文句が入っています。

 

「自由記入欄に〇〇タイプと入力してください。

お子さまの性格タイプをお伝えいただければ、 より詳しい学習法や接し方をアドバイスさせて頂きます。」

 

ですよね!

ちなみにこのシステムは、
過去の生徒をデータベース化して性格診断にしたそうです。
テスト結果を元に、最適な先生を選んでいくんですね。
効率的と言えばそうですね。

とりあえず、今のところ「家庭教師のトライ」さんにお願いする経済力はないので、テスト結果を参考に家庭勉強に励ませていただきたいと思います!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

<関連記事>

急上昇中!?中学受験における英語(選択)入試

文化祭シーズン!中学校を知る・見る・体験するチャンス

中学受験の偏差値の見方は?合格狙うならここまで!

2018年の中学入試からわかったこと




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です