仏女おすすめ!「ぶっしのぶっしん~鎌倉半分仏師録~」

来週、お出かけ予定の東京国立博物館「運慶展」の影響から、仏像・仏師関係の本に興味津々。

そんな時、仏像・仏師がテーマのマンガを発見しました。
好みの絵であり、小学生でも読みやすい。

鎌谷悠希さんの「ぶっしのぶっしん~鎌倉半分仏師録~」です。

ぶっしのぶっしん 鎌倉半分仏師録 1巻【電子書籍】[ 鎌谷悠希 ]

時は鎌倉時代。
主人公は平泉に住む少年仏師・想(そう)。

ミヅチに都を襲われるという戦闘シーンから始まります。
主人公は彫ったものに神仏を宿す力「来迎術」で、明星菩薩さまを召喚しミヅチを退治。

でも、半身をうしないつつ明星菩薩さまと合体してしまうという…歴史ファンタジーです。

 

それだけなら別に興味を持たなかったのですが、運慶や仏像について見事な描写をしており…仏像初心者には入り込みやすい入門編といったところ。

運慶
源頼朝
明星菩薩さま
毘盧遮那如来さま、四天王像さま

仏像を描いたシーンや、運慶の作業シーンなどがすごく細かく描かれており、工房での様子がリアル。

四天王像様の制作でそれぞれが分担して作業している様子などが、当時、こんな雰囲気で仏像が作られたのかと見えてきます。

また、たまに豆知識的なページを挟んでくれており、これもまたすんなりとわかりやすい。

ファンタジーですが、意外と当時の歴史的雰囲気もつかめるマンガ。

仏像が苦手、よくわからない…なんてイメージがある人にはピッタリかもしれません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログ 教育情報へ

<関連記事>

漫画 君たちはどう生きるのか

ビーカーくんとそのなかまたち

上杉謙信は女性!?人気漫画家さんが描く「雪花の虎」

「なぞなぞ遊び」5つの知育効果

ドラえもんの算数おもしろ攻略 かけ算・わり算




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です