祝!卒業

ついに迎えた卒業式。
コロナ禍ですが、無事に終えることができました。

母の場合、卒業式の時にわんわん泣いたことを覚えています。
仲良しのお友達と撮った写真では、目がうっすらと赤い。
今生の別れのような雰囲気でした。

が、中学校は隣。
皆一緒に持ち上がり。

あれだけわんわん泣いて別れを惜しんだのに、数週間後には中学校で「おはよー」。

今思うと、ある意味コントです。
どんだけ雰囲気に流されているんだと(笑)。

 

さて、花さんの卒業式。

コロナ禍ということで、来賓祝辞はなく、校長先生のお話と卒業式授与、歌で終了しました。

これだけ聞くとあっさりすぐに終わりそうですが、一人一人に渡すものだから、全員に配るのに1時間半と結構なお時間が…。

 




 

ちなみに、毎年起こる「袴か?スーツか?」問題。
その答えは、(花が通う学校では)女子の1割ほどが袴でした。

ちなみに、学校側のスタンスは「できれば袴はやめてね」。
お願いのお便りが2回も出ていたほど。

壇上から降りる際に転げ落ちてしまわないか、ヒヤリとした場面もあったので、学校側が警戒するのもわかるような気がしました。

圧倒的に多いのは制服風スーツで、次にボレロタイプ。

「卒業証書を受け取るときにお辞儀するから、スカート丈は短いほうがいいよ」と聞いていたので、長めのタイプをチョイス。
確かにその通りでした。

 

母は涙もろいので雰囲気に負けて泣くかなぁと思い、ハンカチを2枚用意していました。
職場の方にも「泣くよ~」と言われていたのですが…現実はシビアでした。

寒さとお尻の痛さで感動どころじゃない。

 

体育館内は始まる前には暖房が効いていたのですが、式典が始まると消されてしまい…冷え冷え~。

どこかしら窓も開いている。
コロナ禍だから仕方がないとはいえ…さ、寒い。

体育館の底冷えは半端ない。
足元からじわじわとくるのがつらい。

しかも、この日は久しぶりに寒い日だったので、シャレにならないくらいに冷える。
なんで暖房消すのよ~と恨み節です。

涙じゃなくて鼻水が出て、マスクの下が大変。

しかも、椅子がとても硬くて…お尻が痛い。

さながら苦行のようで…思わず時計をちらちらとみてしまっていたのはしょうがない。

 

そして、式典終了後。

お尻の痛さから解放されたら、今度は寒空の下で約50分待機。
歯がガチガチ鳴って、うまくしゃべれない…(泣き)。

卒業式ってこんなに辛いものだっけ!?

 

やっとの子供たちが出てきたら、その後は皆で写真撮影。
アイドルの撮影会みたいでした。

皆さん、必死にカメラを抱えてあっちにこっちにと…さながら戦場カメラマン!

母はヘタレなので安全地帯に避難し荷物持ち。
父に戦っていただきました(笑)。

 

次から次へとグループが誕生&解散し…無限ループかい。

隙をみて校門にいっても、別のお友達と会うや校内に逆戻り!

帰れない~(涙)。
女子はすごい!!

なんとか終わり帰る頃には、足と手の感覚がなくなっていました。

 

ちなみに、花が通う学校では1割ほどが私立中学に進学します。
また、引っ越しで別の学区に行くお友達も。

母が子供の頃はわんわん泣いていましたが、花はケロリとした様子。

今は携帯で簡単に連絡が取れるので、そこまでお別れ感はないようでした。

 

ついに小学校を卒業。
いよいよ半月後には中学校の入学式です。

入学者説明会から1ヵ月ちょい。
はるか昔のことのように思えます。

体操服は届きましたが、制服はまだです。
来週あたりに届く予定。

だいぶ興奮も冷めている様子の花。

中学には知り合いは一人もいません。
ちゃんとやっていけるのか…不安なのは母だけかな?

 

にほんブログ村 受験ブログへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です