初受験!中学受験スタート模試(小3・冬)&保護者セミナー

初受験の中学受験スタート模試
栄光ゼミナールで申し込みました。

受験票などの送付は思ったよりもギリギリで、受験1週間ちょい前に到着。
受験票とともに払込票(コンビニ可)と中学校コード表が同封されていました。

受験票には試験会場名と地図、持ち物、時間割などが記載されていました。
テスト会場にて、座席番号シールを貼る欄も。

試験の流れは…

・受験票回収・説明…20分
・基礎力テスト(国語、算数)…40分
・思考力テスト(総合型・適性検査型)…40分

入室は9時半からで、10時スタート。
11時55分にテスト終了。

 

そして、受験票のなかでも特に目を引いたのが、気になる学校情報を8校まで成績表に表示することができるというもの。
同封されている「学校コード表」から気を参考に記入します。
もちろん、未記入でもOK。

学校コード表には、都道府県別に男子校・女子校・共学校・国立校・公立中高一貫校が五十音別に記載されています。

返却される成績表には、試験科目である基礎力・思考力それぞれの偏差値と総合偏差値、受験票に記入した学校情報(建学の精神、学校の特徴、入試情報コメント、併願校情報など)が記載されるそうです。

ただ、スタート模試では志望校の判定はしないとの事でした。
まぁ、最初だからね…。

…てなわけで、スタート模試前日に慌てて学校を選抜。
せっかくだから利用しない手はないですから、マックス8校記入して提出です。




 

前日の夜。
なんと栄光ゼミナールから電話がありました。
テスト結果の受け渡しについて。

テスト解説と今後の勉強についての面談で、時間を設定して。
子どもも一緒に来てくださいとの事でした。

正直、面倒。
好きな時間に取りいかせてほしい。
面談は別にいいから…。
(;´Д`A “

ということで、急きょ予定を立てて面談を設定することに。
なんか、成績を人質に取られているみたいだなぁ。

 

そしていよいよテスト当日。

会場は横浜の神奈川女学院(文部科学省スーパーグローバルハイスクール・アソシエイト指定校)。

坂を登っていくのですが、なんと横浜女子御三家の一つ、横浜共立学園のすぐお隣。
ちなみに、横浜女子御三家の2校、フェリス女学院も横浜雙葉のご近所です。
すごいな!
マ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)ジ!?

 

会場では、廊下の途中で分かれます。
なので、教室の雰囲気はつかむことはできませんでした。

保護者は体育館で栄光ゼミナール主催の保護者セミナーです。
体育館はエアコンが効いていて、とても暖かったです。

頂いた資料はこちら↓

・こんなに変わる!日本の教育と入試
・中学受験スタート模試保護者セミナー
・アンケート
・横浜女学院パンフレット

セミナーは2時間。
子ども達の試験時間と同じ。
途中で休憩10分が入り、前半・後半と違うテーマでした。

前半は、教育改革について。

これからの試験で求められる学力の3要素「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」や教育改革スケジュールなど、大学受験と絡めて話してくださいました。

大学入試方法や英語への取り組みなどが変わってきているだけあって、とても為になる内容でした。
まだはっきりとは決まっていない部分もあるので、こうしたセミナーは「1度聞いたから」と言って欠席しないほうがいいですね。

特に英語の外部検定試験導入方法については興味深かったです。
英語の資格は、級よりも点数の方が重視されがちという話にびっくり。

勘違いしていた部分もあったので、今日の話ですっきり。
まだまだ不確かな部分もあるので、今後の流れに要注目です。

 

また、小学生のうちは国語と社会をしっかりと勉強しておいたほうがいいとの事。
中学生になると、なかなか国語と社会に時間を取ることができなくなるのだそうです。

特に読解力を鍛えるのは重要で、とにかくたくさんの本を読んでくださいと。

大学受験は私立や中高一貫校の方がやはり優位で、そのためのカリキュラムがしっかりと組まれていると。
学習指導要領範囲が決められている公立は、時間の組み方がどうしても私立よりも遅くなってしまうとのことでした。
私立の大学進学率が高い理由にはそこにあるとおっしゃっていました。

 

後半は、中学入試について。

私立中学校と公立中高一貫校の違いや、私立中学受験の併願例など。
リアルな話も交えてで、背筋が凍る思いでした。
入試、怖い~!!
ガクガクブルブル((;゚Д゚))

こちらは、いただいた資料も基本的な内容ばかりだったので、ざっと目を通すだけ。
資料には記載されていない、生の現場の話の方に重点が置かれていたように感じました。
これは、保護者セミナーを受けててよかったと思ったところでした。

 

最後に、神奈川女学院の学校長からお話が。

とてもユニークな先生で、話もわかりやすい。
ユーチューブの紹介動画もみたのですが、東大合格者へのインタビューなどもありびっくりです。

 

試験が終わった花と合流。
テストはどうだったと聞くと、「う~ん…」と首をかしげていました。
こりゃ、結果を聞くのがこわいなぁ。

でも、今回は保護者セミナーでいろいろとためになる話が聞けたのでよかったです。
いろいろと考えさせられました。
また機会があれば、是非参加したいです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 教育ブログ 教育情報へ

<関連記事>

栄光ゼミナールが受験者個人情報を紛失!ずさんな管理に唖然

私国立&公立中学受験の判定に!「中学受験スタート模試」

公中検模試センター「公立中高一貫校 適性検査 対策模試」(小4~6)

まずは首都圏模試!4大模試について考える

早めの準備&慣れが必要!中学受験の面接&受験当日の服装




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です